沿革

大正2年
日本橋市場四日市組合所属、村長商店より「山三秋山」として秋山子之吉が独立創業

昭和1年
塩干物問屋として主に上質品を中心に豊富な品そろえで営業を行う

昭和5年
北は当時の樺太地域、南はサイパン地域まで販売のエリアを拡大させる

昭和10年
築地中央卸売市場開設と同時に塩干物仲買人として営業拠点の変更を行う

昭和25年
統制経済解除に二代目社長として秋山俊雄が就任し、佃煮や煮豆へも業務を拡大

昭和36年
塩干物・佃煮・煮豆に続き惣菜分野へ拡大を行う独自商品の開発や代理店契約を開始

昭和46年
三代目社長として秋山進一が就任し、株式会社山三秋山を創立する

昭和48年
新たに魚肉加工製品の取り扱いと㈱紀文特約卸販売店契約を行う

昭和50年
外食産業拡大に合わせ珍味等の業務用加工食品の取り扱いを始める

昭和55年
業界の先駆けとして保存性の高いレトルト惣菜等の販売を開始する。

昭和59年
冷凍管理食材の取り扱いを大幅に拡大しより遠隔地への発送業務を確立

昭和62年
全従業員に対し商業流通士の資格習得の為、流通大学入校の推奨を行う

平成1年
外食産業への加工食品営業戦略を確立しホテル・旅館・式場・チェーン店販売拡大

平成4年
自社工場や契約工場で独自の創作惣菜を開発し外食産業への流通を拡大

平成12年
百貨店地下や駅構内等での中食といわれる惣菜業務の先駆けとなる

平成20年
国内の景気や消費の低迷する中、インターネット等のデジタル化業務を拡大

平成28年
築地市場の移転に伴い、事業拠点を東京都中央卸売豊洲市場へと変更

ページ上部へ戻る